近所に同級生や昔の知人が沢山いるのでとても心強いです

近所に同級生や昔の知人が沢山いるのでとても心強いです

近所に同級生や昔の知人が沢山いるのでとても心強いです

近所に同級生や昔の知人が沢山引っ越して来ているようなのでとても心強いです。やはり、この状況は、ある意味とても喜ばしい歓迎すべき状況かな?と思っています。

 

何故なら、とても懐かしいからですね。

 

しかも、近所に越して来ているその人等と私は誰とも不順な交際やそういった関係がまったく無い人達ばかりなので何処かでバッタリ出会ってすれ違っても何も気を使う必要性は無くて、とても気楽な感じなので、心嬉しい限りだからです。

 

素直に会釈をしたり、目が合って本当にこの人そうだ!昔の同級生だ!と思ったら、その場で素直にニコニコと笑ってお辞儀をしたいなという気持ちでいっぱいです。

 

ただ自分は一応常識があるし、人の嫌がることは絶対にしたくないので、相手が思い出したくないという感じで自分のことを避けるような態度だったら決してしつこくするつもりはありません。

 

その際に「あなた昔の同級生の○○○○さんでしょ?!」と質問したりしつこく話しかけるということも絶対にしないと思います。

 

やはり、もう良い大人なので、人の嫌がることは絶対にしたくないなと思っているからです。

 

その場の雰囲気や相手が自分に対してとっているアクションや合図、顔の表情をよく見て、ノーという対応で嫌がっているようにちょっとでも見えたら絶対に深入りをするつもりはありません。

 

ただ、まともに会話ができない状態であってももしかしたらそうかなと思うだけで昔の知り合い達が今も元気で頑張っている姿を間近で見られることはとても感動すべきことで喜ばしいことだなと私は考えています。

 

もちろん、もしも奇跡的に会話ができるきっかけがあったり、相手から嬉しそうに親しそうに話しかけてくれたらいつでも快く対応するつもりだし、それなりの大人として常識的な内容の会話で対応をする心の準備はいつでも出来ていますよ。

 

現在は昔の知り合いよりもまともな面識はほとんど無くても何処かで見て気に入ったからとそのタイプをいつの間にか作品の主役や商品のイメージモデルにして売り物してから、その作品と商品を高額買い取った人だけが売り物になった人物と優先的に知り合うようにすべきだという考えもとても強く見えている感じが強い気がする
ので、そういった問題もとても大きいように思います。

 

なので、いくらいきなり過去の知り合いや同級生が近所に越して来たからと言っても過去の幻影でしか過ぎない部分も正直言ってまったく無いとは言えないし、新しく誰かと出会って心ときめいてその人のイメージの作品や商品を買って接近する楽しみや喜びとどちらが大事で幸福につながるかという大きな分岐点にぶつかっている、そんな状況下もしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ